本文へ移動

認知症サポーター養成講座

認知症をともに考えるあしやの会

この会は、認知症の方が心地よく参加できる居場所づくりを目的として開催しています。
暮らしの困りごと、お悩み、やってみたいこと…それを抱えているのはあなただけじゃないかもしれません。
認知症について話したいことがある方、話を聞いてみたい方のご参加をお待ちしています。

日 時:令和4年7月29日(金)
    午後1時30分~午後3時
場 所:芦屋市保健福祉センター2階 団体会議室2
対 象:認知症のある方・ご家族等
参加費:無料
お申込み締切:7月28日(木)

【お申込み・お問合せ】
社会福祉法人 芦屋市社会福祉協議会
精道高齢者生活支援センター
TEL:0797-34-6711
FAX:0797-31-0674

世界アルツハイマーデーポスターコンテスト2022

■応募資格 
 芦屋市内在住、在勤、在学で認知症に関心がある方
 
■応募方法 
 ポスター裏面に氏名、住所、年齢、連絡先を記載し下記へ送付
 
■ポスターサイズ
 画用紙B3判(364ミリメートル × 515ミリメートル)
 または、四つ切り(382ミリメートル × 542ミリメートル)もしくはそれに準じる大きさ。 

■作品テーマ
 「認知症の方が安心して生活できる社会の実現」認知症に対する理解の促進に資するものとし、
 認知症の方への理解・交流等を造形的表現で訴えるものとします。 
 (例えば認知症の方はこんな事で困っているかも、こんな風に一緒に暮らせたら良いな、こんな経験をしたなど。)
 また、第三者が知的財産権を保有する著作物を 使用しないでください。
 チラシの啓発動画や参考図書も参考にしてください。

■応募期間
 令和4年7月1日から令和4年8月31日
 郵送の場合当日消印有効

■賞
最優秀賞 図書券3,000円分
準優秀賞 図書券2,000円分
優  秀 賞 図書券1,000円分
最優秀賞の作品は芦屋市内に掲示する「世界アルツハイマーデー啓発ポスター」の原画として使用します。
※ 使用する際に多少のデザイン変更や文字の追加
  をすることがあります。

■審査・発表
①選考委員会において決定し、入選者に連絡します。
②発表は、芦屋市ホームページ、芦屋市社会福祉協議会ホームページ等で行います。
※下記の期間で表彰作品を展示します。
令和4年9月1日~9月15日市役所北館連絡通路
令和4年9月16日~9月30日保健福祉センターエントランス

■送付先
 〒659-0051 芦屋市呉川町14番9号
 「世界アルツハイマーデーポスターコンテスト事務局 宛」
 電話 0797-34-6711  E-mail seido@ashiya-shakyo.com
 ※ 応募いただいた作品は、審査会終了後返却 します。


認知症サポーター養成講座開催のお知らせ

認知症の人やそのご家族が、住み慣れた地域でいつまでも自分らしく暮らせるよう、地域全体で支えていけるように、高齢者のことや認知症について学びませんか。
認知症について興味がある方、認知症の方の対応に悩んでいる方、以前に受講したけれどもう一度受講したい方も、ぜひご参加ください。

日時:令和4年8月22日(月)
   午後1時30分~午後3時
場所:保健福祉センター2階 団体会議室1
対象:芦屋市在住・在勤の方
定員:15名

認知症サポーターとは

 認知症サポーターとは、認知症の人やその家族の「応援者」のことです。
 特別なことをする人ではなく、認知症について正しく理解し、認知症の人や家族を温かい目で見守る人のことです。
 認知症サポーター養成講座を受講すると「認知症サポーター」になれます。

認知症サポーター養成講座を開催しませんか?

認知症サポーター養成講座を開催するには

・自治会、学校、商店街、企業、サークル、ボランティア及び有志など、5名以上の集まりから開催できます。
・開催希望日より、概ね1か月前までに、芦屋市社会福祉協議会へお申し込みください。
・費用は無料です。(会場費は、主催側にてご負担ください。)

認知症サポーター養成講座の内容

・キャラバン・メイト(講師)が出向き、認知症の正しい理解、認知症の人の行動や心理・支援や対応する際の心配りなどの講座をします。
・標準テキストに基づいて、ビデオ上映を交えた90分程度で行います。

学校での認知症サポーター養成講座の開催

 「認知症サポーター養成講座」によって、小・中学生のみなさんが、他人事ではなく自分たちの問題だと考え、自分たちになにができるか考える機会になればと思い開催しています。

認知症サポーター小学生養成講座副読本

『認知症ってなあに?』
 
・日本の高れい社会と「認知症」
・認知症って何だろう
・脳の細ぼうが死ぬことでさまざまなしょうじょうがあらわれます
・かんきょうやまわりの人のせっし方でしょうじょうが変わります

認知症サポーター中学生養成講座副読本

『認知症を知ろう』
-わたしたちも知っておきたい認知症-
 
・日本の将来と認知症
・認知症と脳のはたらき
・認知症とは
・中核症状
記憶障害/見当識障害/理解・判断力の障害/実行機能障害
・行動・心理症状 行動・心理症状(BPSD)とは/症状と接し方
・大切な早期診断・早期治療
・家族の気持ちを理解しよう
・認知症の人と接するときの心がまえ

養成講座に関するお問い合わせは

 芦屋市社会福祉協議会ボランティア活動センター
  ■TEL:0797-34-6711
  ■FAX:0797-31-0674

お知らせ

認知症と共に生きる人のためのガイドブック

 
 
『あしや認知症ほっとナビ』
 
 この冊子は、芦屋市で認知症と共に生きる人やそのご家族が出会う可能性がある、さまざまな悩みや困りごとに対し利用できるサービスやサポートをまとめたものです。
 

認知症の人をささえる家族の会

認知症の人をささえる家族の会 あじさいの会
 
 認知症の人を支える介護者と関係者がつどい、経験や情報を分かち合いながら、お互いを励まし助け合えるよう、お話し会を開催したり、会報を発行しています。
 
■開催日時:毎月第3月曜日 午後1時30分~午後3時30分
      祝日の場合は第2月曜日、8月はお休み
■開催場所:保健福祉センター2階 団体会議室
■問い合せ:芦屋市社会福祉協議会
      TEL:0797-34-6711
 
 
芦屋市社会福祉協議会
〒659-0051
兵庫県芦屋市呉川町14-9
芦屋市保健福祉センター内
TEL:0797-32-7530
FAX:0797-32-7529
0
5
3
6
0
3
TOPへ戻る